白石山旅游官网
白石山旅游官网
白石山旅游官网
白石山旅游官网
白石山旅游官网
白石山旅游官网
白石山旅游官网
The location you are viewing is:Home > 特色の特別テーマ > ライ源の文化

ライ源の文化

抗日戦争の黄土銀嶺の戦い

Author:Station editor  Sources:Original site  Release time: 2016-06-12 09:49:36

1939年じゅういち月ななしち日、八路軍の晋察冀軍区は河北涞源黄土嶺待ち伏せに日本、射殺する“名将の花」の日本軍の阿部規秀中将。此役歼敌900人余り、大量の軍事物資を手に入れた。
1939年(民国二十八年)じゅういち月さん日、日本軍は独立混成第に旅団第いち大隊八路軍は雁宿崖れ殲地区(参照雁宿崖戦)。同旅団長阿部規秀中将を報復、よんしよ日未明に自ら旅団第に、第よんしよ大隊1500余人は、涞源城に晋察冀軍区第いち軍分区奥地雁宿崖、銀坊、管頭急進。軍司令官兼政治委員聶栄臻令第いち軍パーティション統一指揮第いち、第さん、第25団、遊撃分遣隊第さん第さん軍パーティション第に団、第120師スパイ団、第715団など部、日本軍による攻撃に壊滅的打撃を与える。日には、1、第2、第3グループ、遊撃第3チームは、第2、第2、第2、第3グループ、第2、第2、第3グループ、第3部の戦いの準備を行う。8は、8第120師団スパイ団が神南町から北上し、戦闘に参加する準備をしていた。ご日、日本軍は攻撃銀坊空振りする後に、続いて涞源易县境界の司の各荘、黄土嶺方向攻撃。同日午後、日本軍に入ってから张家坟、雁宿崖、三踏切一線。
戦闘方略
第1軍区分遊撃第3ぎい隊と第1団は各1部と日本軍と接触し、次次、迎え撃つ、誘。ろく日、日本軍は进抵黄土嶺を続ける東犯徴候。
晋察冀軍区の一帯を利用して有利な地形、よしんば第いち団と第25団迅速に占領寨近く陣地びる、日本軍を切断;第さん団至上荘子で迅速に占領黄土嶺南地区;第120師スパイ団第さんに引き継ぐ団から大安準備ができて、戦闘に参加;第に団尾行敵背、敵を待つ占領司各荘後に回し黄土嶺北占領有利な地形;第さんの分遣隊への要路涞源制御。7日朝、日本軍の主力は黄土銀嶺で出発し、山間に沿って東へ蠕動。午後さん、それに全ての八路軍に待ち伏せ地域、第いち団、第25団出会い頭アウト、第さん団と第に団から南西北麺合撃てきて、日本軍に囲まれ、荘子の近くに圧縮で1本の長い約いちキロ、幅は100ぐらいメートルの溝の中に落ちてしまい、ひゃく余挺機関銃の溝の中から一斉にそれぞれに向かって射撃、砲兵部隊も連続発射弾丸。この時に日本軍兵力を十分と優良火器、砦にびる陣地突進れ、八路軍の反撃後は、西に向きを変えて、から脱出する黄土嶺逃げ帰り涞源。
黄土銀嶺と戦う迫撃の迫撃砲
第三団しっかり扼する西、南の両面陣地、第120師スパイ団も駆けつけ、第さん団の左側の戦闘に参加。日本軍の死傷者がひどい。激闘で第いち団発見そう遠く独占屋近く蝟集一群の敵、よしんば第一軍分区砲兵中隊で迫撃砲火力して日本軍に襲われ、独立混成第二旅団長阿部規秀凶往生する。日夜、日本軍は連続で10数回突破し、軍軍部隊に撃退。8日、日本軍は猛烈砲火と5機の飛行機を援護し、荘子に全力で荘子北西へ突破。この時は、蔚县、易县、評論、唐県、完県出動増援日本軍1200人余りが近づいている黄土嶺南の花の塔。涞源から増援の敵は三差路の近くに、同八路軍第三隊接触。各道に敵を晋察冀軍区と第120師参戦部隊内と外から挟撃する勢いを形成。八路軍は日本軍大量殺傷後、各部隊は、迅速に隠し、自ら戦闘に撤退する。援敌が駆けつけると、再び当てがはずれる。
戦争の講評
これで、八路軍を殲滅する日本軍は計900人余りを大量の軍事物資を手に入れた。日本軍「名将の花」を撃ち殺して。八路軍の死傷者500人。晋察冀軍区から褒賞令:黄土嶺との戦闘の中で、第一軍分区砲兵中隊を十分に発揮した作用を与える砲兵、敵は極めて大きな破壊と脅威は、正確な射撃命中敵の首領、敵を失って指揮をマスターし、全線動揺に極端混乱状態にし、密接配合歩兵黄土嶺の勝利を獲得。1939年じゅういち月ななしち日、八路軍の晋察冀軍区は河北涞源黄土嶺待ち伏せに日本、射殺する“名将の花」の日本軍の阿部規秀中将。此役歼敌900人余り、大量の軍事物資を手に入れた。
  • 世界地質公園

  • 国家AAAA級の観光地区

  • 国家森林公園

  • 全国の青少年の科学技術の教育の拠点